Member Login

趣旨・目的

本協議会は、量子コンピューターの社会実装を世界に先駆けて実現するため、当該技術に関わる産学官の協力を促進し、相互の情報交換を密にすることをもって、我が国全体のレベルアップと実現の加速化を図ることを目的とします。

  1. 量子計算ソフトウェア・アプリケーションに関する情報交換
  2. 量子コンピューターに我が国のものづくり技術を適用し飛躍的性能向上を図るための量子ハードウェアに関する情報交換、及び次世代量子コンピューターの開発に結び付く基礎科学技術に関する情報交換

参加メンバー

正会員

  • 国立大学法人東京大学
  • 慶應義塾大学
  • JSR株式会社
  • ソニーグループ株式会社
  • ソフトバンク株式会社
  • DIC株式会社
  • 株式会社東芝
  • トヨタ自動車株式会社
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • 株式会社日立製作所
  • 株式会社みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友信託銀行株式会社
  • 三菱ケミカル株式会社
  • 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • 国立研究開発法人理化学研究所

準会員

  • 味の素株式会社
  • AGC株式会社
  • サントリーホールディングス株式会社
  • 凸版印刷株式会社
  • 株式会社村田製作所
  • 横河電機株式会社

アカデミア会員

  • 国立大学法人東京農工大学

五十音順

会長からご挨拶

量子イノベーションイニシアティブ協議会 会長 佐藤 康博(株式会社みずほフィナンシャルグループ 取締役)

量子イノベーションイニシアティブ協議会 会長

佐藤 康博

(株式会社みずほフィナンシャルグループ 特別顧問)

本協議会は、量子コンピューターの社会実装を世界に先駆けて実現することを目指して、産学官の情報交換と協力を密にして、量子技術の研究開発を加速します。本協議会にご参加されている企業の分野は、金融、化学、電気、情報、エネルギーなど多岐にわたっています。これらの分野を越えた交流と協業により活動の輪を広げていくことが、人材育成や技術力に根ざした成長を、産業界のみならず広く社会にもたらすものと確信しております。
本協議会会長として、協議会メンバーの挑戦的取り組みのために尽力し、その活動を支え、産業界そして官、学の世界に、本協議会への参加といっそうの支援を呼びかけて参りたいと思います。
本協議会及び量子コンピューターの社会実装にご興味のある方は本協議会事務局まで是非ご一報いただけましたら幸いです。

研究業績

一覧はこちら
論文タイトル : Measurement-free fault-tolerant logical-zero-state encoding of the distance-three nine-qubit surface code in a one-dimensional qubit array
著者 : Hayato Goto, Yinghao Ho, and Taro Kanao
刊行 : Phys. Rev. Research 5, 043137
公開内容 : https://journals.aps.org/prresearch/abstract/10.1103/PhysRevResearch.5.043137
DOI : 10.1103/PhysRevResearch.5.043137
論文タイトル : Efficient variational quantum circuit structure for correlated topological phases
著者 : Rong-Yang Sun, Tomonori Shirakawa, and Seiji Yunoki
刊行 : Physical Review B
公開内容 : https://journals.aps.org/prb/abstract/10.1103/PhysRevB.108.075127
DOI : 10.1103/PhysRevB.108.075127
論文タイトル : Dynamical mean-field theory for the Hubbard-Holstein model on a quantum device
著者 : Steffen Backes, Yuta Murakami, Shiro Sakai, and Ryotaro Arita
刊行 : Physical Review B
公開内容 : https://journals.aps.org/prb/abstract/10.1103/PhysRevB.107.165155
DOI : 10.1103/PhysRevB.107.165155